Exchange 2016をExchange2013環境に追加して構築をしてみる(1)

Exhcange 2016がリリースされましたね。
Exchange 2016のアーキテクチャを見ていますと、どんどん進化していていって、ほんとに大規模構成に対応できるようになっていってると思います。

以前のExchange 2013といえば、

  • クライアントアクセスサービス
  • メールデータベースサービス
  • エッジトランスポートサービス

と、なっていましたが、Exchange 2016では

  • メールデータベースサービス
  • エッジトランスポートサービス

の二つになりました。
クライアントアクセスサービスはメールボックスサービスに統合され、メールボックスサービス間の通信も行います。

スケールが大きくなるにつれて、同じスペックのマシンを追加していく感じで行けますね。
これなら、Xeon Dとメモリをきちんと積んで、RAID構成のHDDのモジュールっていう感じで増やしていくのもありではないかと思ってます。

DAGにいれて、フェイルオーバー構成、かつ、ロードバランサーも標準でついてますので、なかなかスケーリングが楽しそうです。

Exchange 2013との同居もすんなりいくようになっていて、Exchange 2013のクライアントアクセスサービスが、そのままExchange 2016のメールボックスサービスにつないでくれるとか・・・なかなか楽しみです。

段階的にリプレースしやすくなってますね。

今回はExchange 2013環境(クライアントアクセスサービスおよびメールボックスサービス)が動作している1仮想マシンがドメインにある状態で、Exchange 2016のメールデータベースの役割を持つ仮想マシンを1台評価してみたいと思っています。

息が長いので、かなり続くかと思いますが・・・

今回は、Prerequireまで行きましょうか。

もっと読む...

UACとネットワークドライブ Windows 10でもうまくいくのね

とりあえず、気づいたことを書いていかないといつまでも更新できないということで、まあ、英語のサイトさらってみれば出てくるお話しですね。

UAC(ユーザーアカウント制御)はもう普通に浸透したと思いたいところですが・・・
UACにより、無条件に管理者とならないことで、いろいろな脅威から守られてるのも現状ですね。
なにか変なソフトが管理者権限で何かやらかそうとしても、UACが出て教えてくれるというわけです。

NetworkDrive

でも、ちょっとめんどくさいのが、ネットワークドライブです。
UACによる管理者特権時と、通常時でステートが違うんですね。なので、

NoELC

管理者特権で動いているようなHyper-Vマネージャーから見たりすると、
通常時のネットワークドライブは管理者特権時にはつなげません。

ならばと、管理者コマンドプロンプトで

net use・・・

とやっても、こんどは、

管理者特権時のネットワークドライブは通常時つなげません(当たり前だな)

となります。

いまなら、UNCでアクセスできるし、いいじゃないの?という話もあるのですが、NASとか、サーバーの共有ドライブにデータドライブをマウントしていたりすると、やはりネットワークドライブで割り当てたくなるものでして。

もっと読む...

メインPC故障と復活

さて、いろいろ書かなきゃならないものもいっぱいあるのですが・・・

先月上旬、メインPCのRAID 0 SSDがフリーズを繰り返しはじめたと思ったら、とうとう起動できなくなり、マザーボードのBIOSがバックアップからリカバリを繰り返すという状況に陥りました。

これはマザーボードだろうと踏んで、お給料が入った後、何とかX79マザーを調達したのですが、それでも動作せず。
そのマザーはまあ、BTO向けでしたので、チェック端子がついていまして、電圧を図ると、VCOREがなぜか0V・・・

え?VCOREはマザーボード上で作るはずよね・・・でも、ネットを探していると、電源の疑いもあるらしく、予備のチェック用500W電源接続したところ、普通に動作しました。

さて、復帰させようと、そのBIOSを見ると・・・いやはやSecure BootやUEFIの設定項目が全くなく、既存のSSDを起動させることができなかったり。(ついでに、以前のマザーはiRST選べたのですが、RSTeのみだとか)

というわけで、今回のECSのマザーは予備として放置し、以前のGA-X79-UD3に戻してみると、うそのように動き始めました。
ついでに、MOD BIOSのOption ROMをiRST 14.0、RSTe 4.3に上げています。
なお、500W電源ですと、電力不足になるのはわかってるので、以前、X79更新前に購入し、放置していたSeasonic SS-860XPをこれまた放置していたCOSMOSから取り外して設置してます。

というわけで、たいていの場合、マザーボードが原因と思われる症状で、電源でしたという場合もありますので、お気を付けを。

ちなみに、使ってた電源はSeasonic SS-700HMで、すでに6年くらいたってたもので、壊れてもおかしくはないと・・・

追記、結局、あたったRampage V Extremeはまだ稼働させてないのです。
来年1月、Broadwell-Eが出たら、真面目に考えます。さすがに、今Haswell-Eを買う気にはなりませぬ。

MADOSMA買いました(書くのが遅い)

マウスコンピューターのWindows Phone 8.1 MADOSMAを買って1か月近くたちました。
今もメインで使っていますよ。

wp_ss_20150715_0012-edit

Windows Phone 8.1はライブタイルとハブで直感的な使い方ができますからね。
私の場合、メール、インターネット、Twitter、Facebook、FourSquareにSkypeなどがメインで、ゲームはあまりやりません。(入ってはいますが)
あと、電話はよくつかうので、電話にバグがあるとかはほんと困ります。
Windows Phoneはそういうところはしっかりしてるので、ほんと助かりますね。

スペックなんてすでにいろいろ出てますので書く必要ないと思いますがいろいろ見てて思う事、Androidの常識で考えてもらっては困りますね。
Androidでいえば、確かにひと昔前のスペックでしょうけど、このスペックで十分に動くのがWindows Phoneです。
(そして、それだけハイスペックなハードウェアがないとまともに動かないのがAndroidです。
OSが違うから比べるのはおかしいとかいう人がいますけど、OSが違うからって、メールを読むとかSkypeをするとか、そういうところ、違いがありますか?)

さて、購入は、地元のパソコン工房で購入してます。
今は、モバイルセットなんて出ててお得ですね。

もっと読む...

MADOSMA発売されていますが、私はまだ・・・

MADOSMAが発売されてしばらく経ちますが、私はまだ入手できておりませぬ。

賞与が入ったら買いますし、そしたら、Twitterでも話した電話回りなど、またいろいろ書いていくつもりです。

(さすがに、あれで書くわけにはいかないですしね。)

Windows Phone 8.1の使い方に関しては、Microsoftのサイトにずらりとマニュアルがあります。

多岐にわたっていますので、読むのも大変ですが、一部日本ではまだできないこともありますけど、網羅されています。

ま、私としては、どれだけ読みやすく、わかりやすくできるか何とも言えませんが噛み砕いて書いていければとは思っています。

・・・といってもあと半月以上ありますので、まあ忘れたころにということで。

カレンダー

<<  9月 2017  >>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

View posts in large calendar

タグ クラウド