ESI MAYA44e 到着~

やっと、この価格帯のオーディオインターフェースが、PCI-E対応で出てくれました;;

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日も記載しましたが、PCI-E x1接続、24bit/96KHz 4in-4outのオーディオインターフェース ESI MAYA44eです。

 

昨日、ESIのオンラインショップ(まあ、Audiotrakともいいますが)に注文、本日、無事到着しました~^^

 

いままで、Quartetやら、MaXiOやら、Juli@やら・・・本来、本館(Brichan's Square)に記載するべき内容をブログに書いていますが・・・

現在のところ、本館は移転作業があまり進んでおりません;;

まあ、リニューアルも含めてなので(滝汗

さっそく、めいんPCに取り付けて、ドライバをインストール~

ドライバは、ESIのドイツメインサイトでMAYA44e 1.27が、先月公開されていますが、付属のCDにも1.27が入っていました~

ま、落としておいたので、そちらをインストール~

やはりESIのドライバですねぇ。署名も入っていて、うちのx64 Vista Ultimate SP2でも警告もなくすんなりとインストール^^

ちなみに、メインで使用しているJuli@と2枚差しです(ぇ

 

さっそく、レイテンシを48samplesに設定、Lilith for Unicode OSs(uLilith)のASIO出力をMAYA44eにして、音を出してみる~

 

・・・ばっちり音が出てます(あたりまえだ

 

ma44epan_w_asio64

 

Juli@ ドライバ1.05コンパネよりも大きくなりましたねぇ・・・MAYA44eのコンパネは。

 

MAYA44eは、4chの入出力を持つオーディオインターフェースで、歴代のMAYAらしく、アナログ、デジタルを含めてフルミキシングや、1-2、3-4、デジタル同時出力など、Juli@と違って自由度が高いですね。

(Juli@のミキシングは各入出力をアナログ出力にミキシング)

アナログ入力は、1-2、3-4のステレオライン2系統として、1-2を+48Vファンタム電源対応マイク入力として、3-4をHi-Z入力として、エレキギターや、エレアコの音を直接入力できます。

出力も1-2、3-4として独立で使用するだけではなく、1-2の音を3-4にも同時出力、または逆など、デジタル出力も1-2または3-4のどちらから出力するかも選択できて、便利ですねぇ。

搭載されているコントローラーはESIのカスタムチップらしく、ENVYIIが出なくて、PCI-E対応も強引な方法を使用せずに、ネイティブ対応はうれしいです。

また、CODEC(ADC/DAC)はWolfsonのWM8776Sを2チップ積んでおり、A/D、D/Aともに24bit/96KHzまで対応しています。

WM8776SはDACのほうが192KHz対応なので、対応してほしかったなとも思いますね。

 

接続環境は・・・

  • MAYA44e 1-2Out - MOGAMI2930ケーブル(アンバランス) - ESI EX8000(ぉ
  • EX8000のヘッドフォンアウト - Audio-technica ATH-W1000
  • EX8000 - MOGAMI2930ケーブル(バランス) - パワードモニター

上記の環境で使用しています。

 

まだ、つないだばかりなので、エージングしないと・・・ということで音についてはあまり書きません。

下から上まで(低音域から高音域)しっかり出てると思います。

まあ、Wolfsonの音かなぁとは思いますです^^;AKMとは違って、元気のいい音ですねぇ。

ま、元気のいいというのも、エージングで変わってくると思うので何とも。

 

とりあえずは、この環境でエージングを含めてゆっくりと・・・

後にMAYA44eのヘッドフォン出力や、ライン入力、エレアコをつないでHI-Z入力もためせれば・・・いいなぁ~

 

え~PSUのGCミッションが意外とおいしいので(滝汗

コメントを書く

カレンダー

<<  6月 2017  >>
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

View posts in large calendar

タグ クラウド