docomo PRO series T-01A Windows Mobile 6.5 アップデート WkTASKを動かす

やっと、T-01AのWindows Mobile 6.5アップデートがでましたね~
ということで、ぶりちゃんのT-01Aも早速アップデートしてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイトにも書いてありますが、完全に初期化されてしまうので、バックアップは必ずしたほうがよいかと~

ぶりちゃんの場合は、連絡先は基本Outlook2007(Exchange2003)にて同期、アプリは最初から入れなおすつもり、そして、データ類は基本microSDHCなので無問題でした。

東芝のアップデートサイトからファイルを落としてきまして、Windows上で解凍、それをいまは使用していないT-01A付属の8GBのmicroSDHCに、Windows上でコピーしてからT-01Aに装着して実行したところ・・・

ファイルがみつかりません(ぇ

なぜだろうと悩んだ挙句、サイトに記載されているとおりのUSBでの転送方法でコピーしたところ、正常にアップデート開始しました^^;

アップデートは順調にすすみ、何の問題もなく、Windows Mobile 6.5となりました^^

あとはアプリですが・・・ここからが大変でした;

まずは、aplioを入れて、いろいろ入れようかと思い、T-01Aお勧めパックをそのまま入れてみる・・・T-01Avkbも含まれてますが・・・touchkeysipはいってないのね;;
ということでえ、改めてインストール

問題はWkTASKでした。すでにWM6.5に導入すると、スタートメニューが開かないという問題がいろいろ書かれていますねぇ。
でも、コレが動作しないとすごく不便・・・
タスクバーへのアプリ表示はもちろんのこと、アプリをデフォルトで終了させる機能も必須ですし、バッテリーメーターがすごく便利です。 
なので、海外のサイトなどをいろいろ調べてみると・・・
ここに解決策が~

WkTASKは、1202(WM5/6)をインストールしています。
除外リストってどこだろうと思ったら、設定の固有設定タブなんですねぇ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここに、4つのexeを登録しました。

  • \windows\gwes.exe
  • \windows\repllog.exe
  • \windows\services.exe
  • \windows\shell32.exe

設定で名前とクラス名は空のまま、ファイル名のみ、以下のように指定しています。
また、4つとも、Xボタンで閉じない、タスクリストに表示しないをそれぞれ有効にしました。

この後、T-01Aの電源ボタン10秒以上、つまりリセットして起動してみたところ、WkTASK動作中もスタートメニューがひらけるように^^

海外サイトの情報のおかげで、WkTASKをWM6.5でもつかえるようになりました^^
感謝~

Core Playerも1.3.6も入れなおし完了、あとは、ゆっくりと~

追記

19日、改めて検索してみますと、わざわざファイル名を直接指定しなくても、クラス名ひとつで設定できる方法があるようで~

ファイル名を指定していた場合は、全て削除し、ファイル名と名前は空のまま、クラス名に

  • MSSTARTMENU

を入力し、Xボタンで閉じないを有効にすることでいけるそうです。
ぶりちゃんもこちらにして、動作を確認してみました。

ファイル名直ですと、そのファイル全てに対してかかってしまうのもあり、特にShell32.exeはいろいろつかわれるでしょうから、クラス名のほうがスマートかもしれませんね。

コメントを書く

カレンダー

<<  11月 2017  >>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293012
3456789

View posts in large calendar

タグ クラウド