HTC7MozartのMicroSDHCを32GBに交換~ 追記その2付

うちのHTC 7 Mozartですが、WMAをどんどん詰め込んでいったら、残り1GBを切りまして・・・Marketplaceのゲームなどを入れていったりしてたら、とっても不安になりました>残り容量。

やっぱり32GBくらいのMicro SDHCに交換するしかないのかーということで、WP7の情報サイトのななふぉさんや、T-01Aのときからよく見ているxda-developers、Twitterの情報を参考にもうやってみるしかないかと・・・

HTC 7 TrophyやHD7は比較的交換しやすいのですが、Mozartはアルミボディ外して、シャーシー分解しないとならんので・・・;;

Twitterで一部つぶやいておりましたが・・・

HTC7Mozart_32GB_Zune2

とりあえずとしては、32GBのMicroSDHCに交換できましたよっと~

尚、この内容はメーカー保証外ですし、参考にして交換してなにかあっても、誰も責任もてませんので、自己責任でおねがいしますね。

尚、メーカーの保証シールを破ることになりますので、メーカーに修理さえしてもらえない可能性大です。
また、細かい作業ですので、慣れた方でないと簡単に壊してしまう可能性が大きいです。
それでも作業をしてみるという方は、せっかくのWindows Phone 7端末が壊れないよう、慎重に~

また、交換した場合、端末をリセットする必要があります。端末が初期化されますのでご注意を~

情報をもらったりして、一番安心なのはSandiskのClass 2ということでした。・・でも即交換したいと考えると、そうそう売ってなくて~

今回はいわきに戻る前に購入だったので、パソコン工房でTranscendの32GB Class 4を購入。PCデポに行けばあったかもしれませんが、反対方向だったので、今回はさくっとすませました。

また、HTC 7 Mozartのねじを調べて、家にあったトルクスT6では無理だったので、T5のトルクスがないと~・・・ホームセンターにはT6からしかなく、MicroSDHCを見に行ったパソコン工房で、変換名人の45in1工具を購入。T3からはいってますね~これ。でも・・・なんで、精密+の00がないのかすごい疑問だったり^^;

用意した工具は、T5トルクス、+00精密ドライバー、ピンセット、精密のマイナスドライバー数種(おもにケースあけ用)

詳しい内容は、とっくの昔に海外で説明されてますので省きますが、3か所のトルクスねじと+ねじはそれぞれ長さがちがいますので場所を覚えておきましょう。

バッテリーカバーはふつうにはずしまして(これ、外しにくいよね><)
上のカメラ+フラッシュ部分のカバーはそっと精密ードライバいれてはがしてください。 一部、両面テープで接着されています。バリバリという音に驚くかも?

バッテリー下のステッカーをはがすとUSBのフレキシブルパターンがりますので、必ず取り外しましょう・・・変な負荷をかけると切れます。・・・昔MSXのフレキ切ったなぁ^^;

HTC7Mozart_sab_01

あとは、下側、裏部から内部のシャーシをゆっくり前面に向けて押してやれば外れると思います。

外れたシャーシーは左右の上下と、3.5㎜ジャックの外側に1か所の合計5か所、プラスティックの爪でひっかかってまして、それを外します。
また、ボリューム端子の下側あたりに+00の精密ねじがあるので外しましょう。

それで、シャーシーのカバーが外れます。

HTC7Mozart_sab_02

シャーシーを裏返して、カメラボタンの上、上下の中心あたりの銀色のシートをはがすと、MicroSDHCが見えてきます。ロックやプッシュリリースはないので、そっとずらしながら外します(尚、結構硬めです)

HTC7Mozart_MSDHC8GB

外したMicro SDHCはSandiskのClass 4 8GBでした。

HTC7Mozart_Transend32GBClass4

とりあえず、今回購入したTranscend 32GB Class 4を使います。
Check Flashで確認したところ、Read 10.3MByte/s、Write 5.6MByte/sということで、大体Sandiskと同じくらいはでてるようです。

あとは、逆にしてくみなおすだけですが・・・もしもの時の為にやりなおしやすいように~と、ねじを止めないで組んでしまうと、電源がはいりませんので、きちんとくみなおしてくださいね^^;

HTC7Mozart_MSDHC_Fail

電源を入れると、SDHCが認識できないというエラーが表示されます。
これはまあ、Windows Phone 7のストレージファイルシステムの仕様で、MicroSDHCの交換は対象外ですからねぇ。
未使用やフォーマット違い、つまりWindows Phone 7で使用していないMicro SDHCをいれると、必ずこうなるわけでして。

ここで、電源を一度落とし、強制初期化をかけます。
HTC 7 Mozartのマニュアルの手順に従い、ボリュームアップダウンを同時押ししながら、電源ON、その後電源、ボリュームを話して、ボリュームーを押してリセット・・・

その後は初期化された画面がでてきまして・・・

HTC7Mozart_MSDHC_Recognized

設定から容量を見てみると、無事に認識されています~

HTC7Mozart_32GB_Zuneスピードがかわったかはよくわかりませんね~

まあ、しばらく使ってみないとなんともいえませんが、Transcendでも、うまくうごきそう?

尚、外したMicro SDHCは、Windowsからは通常じゃ読み込めませんのでご注意を・・・

1日たちまして、ilomilo体験版やメール4アカウント、ZuneでWMA320kbpsの再生やJPInput、Wakamurasaki,Rowi Lite、Utakata Japanese Padなど使用していましたが、何の問題もおきてません~

使用したTranscendの32GB Micro SDHC Class4ですが、本体に記載の型番は、メモっていなかったのですが、ブリスターパッケージ販売のTS32GUSDHC4です。

WP_000003 (2)

もうちょっとあかるいところで普通にとればよかったかな・・・上から、HTC 7 Mozartで撮影したパッケージの写真^^; 上からなので光量不足ですが、キセノンフラッシュのおかげで、T-01Aよりも断然いいですね。
注意:上記の写真は8Mピクセル原寸です・・・おおきいので注意!

私の場合、このMicro SDHCをCheck Flashで確認していたため、フォーマットされていない状態となっていました。それで、Storageが認識できないエラーが発生していたと思います。通常なら、データがおかしい旨のエラーがでるかと~

どちらにしても、端末初期化で認識すると思います。

参考までに~

追記その2

うちのHTC 7 Mozartは何の問題もなく1週間たちました。

10GBくらいしか使用してませんが、一部の起動は8GBのころよりも速いようにも感じます。

いろいろ相性問題があるようで、それをつぶすためにも、Windows Phone 7に入れる場合は一度Micro SDHCのチェックを行ってからのほうがよいかもしれませんね~

私は、以前紹介のあった、Check Flush 1.16.1(英語)で読み取り安定テストを1パスおこなってから組み込みました。
実際は読み書きテストを行ったほうがよいのですが、32GBになると、かなーりの時間がかかります><

同じ型番でも不安定になるってのは、Micro SDHCに不良があったり、個体差によるアクセススピードの違いなのかなーと思ってます。

コメントを書く

カレンダー

<<  9月 2017  >>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

View posts in large calendar

タグ クラウド