Mixer PCにWindows 8 Release Previewを入れてみる

UltrabookさんでWin8 RPを使ってみて、Metroスタートメニューに違和感がなくなってきたので、うちのMixer PCにも入れてみようと思い、昨日格闘してました。

マザーボードはIntel D2700DCですが、BIOS(0069)を見ると、UEFIブートを有効にするオプションがありまして、さっそくUEFIでx64版インストール開始~(GT520いれてるのでVGAも問題なし)
Intel 40GB SSD(廉価のV)のパーティションを全削除して、GPTパーティションとして作成されたのち、インストールなどが終わって、再起動後、システムの準備中でフリーズ・・・2回繰り返して、このATOMマザーでUEFIが怪しいらしいということで、MBRのレガシーパーティションに変更してインストールしたらあっさりとインストールされました^^;

ぶりちゃんの環境はドメインですが、Live IDをドメインアカウントに関連付けができるので、通常のLive IDでログインと変わらないように使えます。
もちろん、MaXiO XDも既存のWin7ドライバで普通に認識してくれて、問題ないようにみえたのですが、ここでまた格闘が・・・

Windows 8 Release Previewから、Windows Media Centerが入っていません。 (RTMでは別売になるらしい)そこで、Windows 8 Release Preview FAQを参照して、プロダクトキーを入れるも・・・

エラーが発生しました(-_-;)

再起動などして試すもだめ・・・

もしかしてと思い、レジストリ変更したら、あっさりとインストールできたのです。

まず、原因は、SSDの容量が小さいのもあり、Usersフォルダを移動していた場合に発生するようですね。

ぶりちゃんは、Ultrabookさん同様、こちらの記事を参考にUsersフォルダを移動しています。
余談ですが、Windows 8 Consumer/Release Previewでは、ユーザー名入力時に行おうとすると、Usersフォルダが別プロセスでアクセスされている場合があり、フォルダが消せず、失敗する場合があるので、背景の色とコンピュータ名を入れる画面でShift + F10を押してコマンドプロンプトを起動、操作するとよいでしょう。

ジャンクションにてD:Usersにマップしていますが、これがダメなようで・・・(ええ、以前Windows Phone Device Managerがまともに動かなかった原因もコレでした)

回避としては、レジストリを編集して、直接D:\Usersを読むよう変更、再起動後、すんなりWMCがインストールできたというわけでした;;

HKLM\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList内のキー

  • Default
  • ProfilesDirectory
  • Public

の<%SystemDrive%>\Usersを、移動先(例:D:\Users)に書き換えます。

次に、上記の下層に、ユーザーSID(S-1-5-21-xxxx・・・)というフォルダがあり、それぞれがユーザーアカウントに対応しています(環境によりけりなので、全部みて、必要な分、変更してください)

SID名フォルダのProfileImagePathキーの値も同様に書き換えます。

レジストリは一歩間違うと、PCが起動しなくなりますのでご注意を・・・

再起動後、コントロールパネルのWindows 8 機能の追加でWMCのプロダクトキーを入れ、ライセンスに同意して実行後、いままではエラーでしたが、自動で再起動してインストールされました。

WMCはこれで使えるようになりましたが、うちのPX-W3U2のドライバは、ドライバの署名強制を無効にしないとならないので・・・Win7なら、Ready Driver Plusが使えましたが、メニューUIが変更されてしまい、使えなくなってます><

これでは、うちのメインPCもつらいところ・・・なにかいいソフト、またはVUpしないかしら~

コメントを書く

カレンダー

<<  8月 2017  >>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar

タグ クラウド