台湾製(Intelチップ搭載)NICを注文してみる

最近、Intel NICもDesktop Adapterの新型は出ないし、Windows 8.1にネイティブ対応(NDISまわり)したIntel NICほしいなと思っても、i210 Server Adapterですとか、i350-T2 Server Adapterはやはりいいお値段しますもの・・・

ま、i340-T2買うきっかけになったり、EEE問題調べてたときに目に留まったgomezpeer.info の別室 36YENさんのブログで、なんともまあ台湾製っぽいNICが紹介されているではありませんか。Winyaoって昔聞いた覚えあるなとおもいながら、公式サイトのぞいてみると、ほんと、NIC OEM/ODMメーカーなんですね。でも、最近全く更新されてない・・・

ということで、レビュー記事もよんで、さすがにX1のi350に手を出す気はありませんが、
(追記)よくよく考えたら、PCI-e 2.0で1スロットって、片方向5Gbps 8b/10bで実効4Gbps。片方向なので、両方向で倍・・・帯域たりてるんじゃ・・・でも、なんかRAIDカードとか複数ポートNICってx4とかx8でつかいたくなるのよね)

Winyao i350-T2(PCI-E x4)

Winyao i210T1(PCI-E x1)

をさっそく注文してしまいました。・・・発送も時間かかりそうなので、しばらく待ちですかね。
でも、楽しみです。

写真やレビュー記事を見る限り、基板や部品はほんと最低限で、まさしく、蟹NICのチップをIntelチップに交換しましたと言わんばかりのものですが、それでも、やはりIntelチップ。そしてお値段も安い。

Intel Server Adapter i350-T2、2万前後しますが、上記Winyaoは、2つ合わせて1万円ちょい・・・

まあ、i350-T2はサーバーへ、i210-T1は動作検証終わったら予備にするつもりで購入しました。
サーバーのi340-T2(IBM)は、メインPCのIntel PTと交換する予定です。

・・・正直、Winyao i350-T4も迷いました。99ドルとかなんてやすいんだ!!とおもったのですが、今回は予算がそこまで行きませんのでお預けです。


Winyao i350-T2次第で、来月あたり(こら
というか、Intel チップ搭載のSFPやファイバーNICやすいなおい・・・

T4かったら、そっちをサーバーに、T2をメインPCに、340-T2は予備その3(今回Intel PT Desktopが予備になるので)
予備になってるIntel GTわすれないで>私

3,4枚くらい買ったCTは全部放出したので、PCI-EなIntel NICの予備がないのはちょっとつらい。

でも、そのうち純正i350とか買ってしまいそう。こう、なんというか、Intel 純正 NICって、今のご時世ここまでディスクリート部品使わなくても大丈夫だろうってくらい部品乗っかってて、見るの楽しいのですよね(なにかちがう
ま、Intel 純正の品質はとってもいいのですがね、最近Gigabit CT程度しか流通してなくて悲しい

2014/07/13 追記
いまだに、DealXtremeで、発送準備中のままステータスが変わっておりません><

コメントを書く

カレンダー

<<  10月 2017  >>
24252627282930
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234

View posts in large calendar

タグ クラウド