Windows 10 Phone TPからのリカバリで文鎮化したLumiaの復活話

1か月近く前、Windows 10 Phone Technical Preview 10051がリリースされたころ、あまりにも不安定でWindows Phone Recovery ToolでWP8.1に戻した際に、一部の端末が文鎮化したという事象で、ハードウェアを使用せずに復活したという例を2件ほど確認しました。

幸い、私のLumia 920は、当時4回ほどWPRTでのリカバリを行いましたが、問題なかったのですが、クラスタの複数人の方が文鎮化して途方にくれていたのをみてましたので、何とかならんのかと、Technetやanswers、昔よくお世話になった、xda-developersなどを見ており、問題の”QHS_USBDLOAD”が解決してないかと確認していました。

QHS_USBDLOADで認識されてしまう文鎮化Lumiaは、ブートローダーまですっ飛んでしまっている状態で、ほぼ死亡状態です。
NOKIA Emergency Connectivityドライバで認識するものの、その後どうすればよいかということで、XDAの記事を調べてましたが、この数日、Lumia 820、925の2例で復活を確認しました。

まあ、詳しいことは、羊さんのLumia 820、文鎮からの復活のほうに丸投げしますが、925の時は、私も含めいろいろ調べながらやっておりました。

また、Emergency Connectivityドライバがうまくインストールできない場合があったそうで、その場合、NOKIA系のほかのドライバを削除、WPRTを削除し、再インストール後にドライバが入ったそうです。

925(RM-892)は一筋縄ではいかなく、HEXに問題がありました。

HEXファイルのサイズが大きいと認識しませんよというお話。(xda-developers)
サイズ変更済みHEXのお話(xda-developers)

サイズ変更済みかつ、自分の端末にあったHEXファイルと、自分の端末にあったプロダクトコード 059****のFirmから作成したmbnをthor2で組み込んでやると、HEXを書き込み、GPTパーティションをつくってくれたようです。
※なお、機種RM-xxxがあっていれば、CVまたはVARなら書き込めます。
私は以前、新しいFirmほしさに、CV HKに、CV AUを入れてたこともあります。
ただしグローバルモデルでもCountry Variantということで、その国の仕向けになってますので、バンドが合わない可能性もありますし、入ってるプリインストールアプリもちがったりしますので、できるだけあったものを探しましょう。

箱にCV HK(ここは仕向けのアルファベット略2文字)とかかいてあれば、あとは色と組み合わせて探します。APAC(Asia Pacificだと思う)とかVAR(Variant)などと書いてある場合もあります。
あとはここらへんのリストで探してみてくださいね。

その後、充電して一度抜き差ししたら、WPRTの最新版で無事書き戻し、WP8.1として復活したというお話。
たぶんAncient Chronicleに書いてくれることでしょう(無責任)

管理者コマンドプロンプトを使いますし、NaviFirm+などでイメージを入手したり、そこからmbnの作成などいろいろ大変ではありますが、記事の大本のxdaでも、Lumia 920や520など復活をしたという報告もあがっていますので、いちずの望をかけて試してみるのもいいかもしれません。

まあ、そのうちWPRTが対応するという話ですが、数週間で対応する予定というのはいくつかの例といっているので、たぶんQHS_USBDLOADはまだ先じゃないかと思ってたりします。

コメントを書く

カレンダー

<<  8月 2017  >>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

View posts in large calendar

タグ クラウド