W10M Trinity NuAns NEO 発表ですね。予約しました。

とうとう、30日、TrinityのNuAns NEOが発表されましたね。
そして、本日22時からサイトオープンおよび予約開始。
22時過ぎから、サイトがアクセス多数で落ちるも、すぐに復旧して、いろいろ見れるようになりました。
・・・それだけ興味のある方多いのかしら?

2015-11-30

2015-11-30 (2)

もちろん先行予約しましたよ?

MADOSMA発売までは、正直ここまでくるとは思っていなかった、日本で好きな端末が選べる状況。

4インチ、4.5インチのローエンドから、ミドルレンジ、そして、AcerとMCJが出してくれるであろうハイエンド(予想ですよ?)まで。

ほんと、夢みたいな状況です。WP7.5から楽しみに待っていた状況がやっと到来ですね。あとはLumiaだ。

っと、NuAns NEOに戻りましょう。

私がNuAns NEOを選んだのはいろいろな理由があります。
すでに、W10Mにアップデート可能なMADOSMAを持っていますが、なぜNuAns NEOを待っていたのか。

実は、数日前のブログで買う気をなくしかけていたのですが、今回の発表記事をみて、

  • 王道だけども、デザインは選べるのね!
    まず、見た目から入ってしまったのですが、もともと本田雅一さんが本気でかかわってるプロジェクトなので、スペック的に不安はなかったのです。
    なにより本物の木のカバーに惚れてたのです。
    木のスマートフォン、素敵じゃないですか。(天然木を加工したシートですが)
    私は、ウッドを使ったものが大好きでして。
    結局、ヘッドフォンもアサダ桜ハウジングな耳かけと、縞黒檀なヘッドフォンですから~
  • 薄軽大型に物申す!持ちやすさが大事だよ!
    ずっと疑問に思ってたこと。薄く軽く大きくして、持ちにくく落として壊す。
    滑らないようにシリコンジャケットなりつけて結局厚くなってるじゃんそれ。
    Lumia 800/920は厚くて重い機種でした。でも、その点、構造上崩れたりしないし、サイドがラウンド形状により、持ちやすく、片手操作で親指が遠くまで届くんです。片手操作しやすいのですよ。
    Lumiaは薄軽に走ってしまい残念だと思ってたところに、同じコンセプトの製品が登場したというのがとてもうれしいです。
    NuAns NEOは厚くしたことで、丁寧なインターフェースデザインになりましたし、NFC Type-A/B/Felica対応カードリーダー(現状はリーダーらしい)ということで、WP/W10Mの弱点だったSuicaカードを入れて疑似お財布ケータイもできそうな予感。ハードが入っていれば、あとはやる気とMSの説得だけ。今後いろいろ発展していったらいいなと思います。
  • 本当にオクタコア、W10Mにいるのか疑問だが?Continuum対応(予定)なら致し方ないね。
    正直Snapdragon 617でスペックおとしたなーContinuum対応大丈夫かと思ってましたが、MSで検証を始めているとのこと。なぜ?いま検証というと?
  • やはり大きいのが、フルスクラッチなWindows 10 Mobile端末
    Snapdragon 617を積んだWindows 10 Mobile端末はNuAns NEOが初ということで、MSも検証を始めるということなんですね。
    基本的に、中国のODMメーカーにたのんで、ちょちょいと変えれば、すぐ端末は発売できるとのこと。確かにラピッドリリースされたものがいろいろありますね。
    (MADOSMAもそうですが、あれはMCJでメイン基板設計してるのでちょっと除外)
    もちろん昔はIS12Tという日本独自、世界最速WP7.5端末もありました。いまはそんな端末はなかなか望めない状況なのに、あえて、フルスクラッチな端末をリリースする心意気とデザイン。NOKIA時代のWP端末を思い出しました。だからこその一押しです。
  • ああ、Trinityの考えていること、NuAns NEOのコンセプト、ほんとその通りだわ~
    締めとしてはアレですが、ほんと、その通りなので、ぜひサイトを見ていただければ。

スペックとかは、おでさんとか、アヤノフ氏とか黒澤さんにお任せして。

本日注文したのは

NA-2CORE-KKDW_B[3]

NuAns NEO ツートンコアセット NA-2CORE-KKDW (23時40分時点で売り切れに・・・)

NEO_TWOTONE_TOP_NA-2TONE-TDW[2]

NEO ツートン トップカバー NA-2TONE-TDW

NEO_TWOTONE_BOTTOM_NA-2TONE-BKK[1]

NEO ツートンボトムカバー NA-2TONE-BKK

もちろん、コアセットですので、ツートンカバーはすでについてますが、上下同じもやってみたいのですよ。

今回は、コアセットがクラリーノのグリーンのトップカバー、テナージュのボトムカバー
そして、別にそれぞれ逆のカバーを選択。
グリーン1色にしてもいいし、フルテナージュのウッドボディで楽しむもよし。

ツートン、カバーともに8種類の素材がありますので、8x8+8で72通り選べます。
公式サイトでは、シミュレーターもありますので、ぜひいろいろ試してみるのもいいかと。

他の端末でやっているからか、青系がないのが残念ですはい。
計5万円ちょっと超え~

来年1月下旬。楽しみですね。

つぶやきにも書きましたが、さすがにこれとSurface Pro 4を同時に買えそうにないですねぇ。でも・・・i5に落とせば行けるのかも(メモリ8GBじゃ足らないね)

今回は他のモバイルOSとWindows 10 Mobileの比較については一切書かず、端末のみの評価になりましたが、私としては、もちろんWindows 10 Mobileだからという前提はあります。iPhone 5c/iOS9.1やAndroid 4.4とかもありますけど、結局、PSO2es専用だったり、使ってなかった���。そこらへんは次回にということで。

ああ、見てると、ツートン上下8個づつほしくなるぅ

某氏いわく、むしろなぜ買わないのか。

ええ、そりゃWPクラスタ、開発者ならこんな魅力的な端末買いますよ(と、別の側面の私が言っている)

11/30 23:40追記
テナージュに関して追記および購入型番など追記

12/1 某氏とのレスから追記

コメントを書く

カレンダー

<<  9月 2017  >>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

View posts in large calendar

タグ クラウド