WSUSの原因不明な接続エラー

うちのPCは仮想マシンも含め、Windows Server Update Service(WSUS)でWindows Updateの管理をしています。(鯖が複数台あると、すべてのPCがネットからDLしてくるのは非効率ですからね)

WSUSに接続できない、WSUS管理コンソールもOS再起動後しばらくは動いているが、いつのまにか、接続エラーになり、サーバーリセットしてもダメという現象にあいました。

SQL Server 2016の最新CUが当たっていたので、それのせいかな?とも思いましたが、再起動後、しばらくしてコンソールも使えなくなること、いままで接続できていたWSUSクライアントが、DNSエラーや接続エラーでまったく接続できないことから、IIS回りの問題かな?と思いました。

IIS_mempoolIISマネージャを起動して、WSUSの管理を一旦停止、数分後再起動すると、上記のような現象になりましたがやはり改善されず・・・まさか?と思い、メモリプールからWSUSのメモリプールの詳細設定を開いてみると・・・プライベートメモリに制限値が(約2GB)入っていました。

wsuspool private memとりあえず、無制限値の0を設定すると、いままでの接続失敗が嘘のように、WSUSクライアントもWSUSコンソールも動き出しました・・・

鯖PCの全体のメモリが足りなくなってきているので(32GB)無制限は怖いのですが、今日の午前3時に月刊Windows Updateが配信されているのでここら辺は解決しないとということで。

さすがに、先月とは違いWindows 10 MobileにUpdateは来ませんでしたね><

Windows 10 Mobileのサポート終了

wp_ss_20191211_0001とうとう終わってしまいました。2019年12月11日(日本時間)午前3時、月刊Windows Updateによる最後の更新が落ちてきていました。

wp_ss_20191211_0002最終ビルド番号は、10.0.15254.600、修正内容によると、KB4530714の改善内容をすべて含むとありますが・・・

Windows 10 Mobileについては、日本ではMicrosoftのデバイスは出なかったにもかかわらず、OEMメーカー系からそこそこといってもいいくらいデバイスが出ました。

しかしながら、MicrosoftのCEO交代のときのコメントで不安を持ったように、自社製品をないがしろにするような行動ばかり。普及しないのはアプリ開発者のせいにもされましたね。

来年のSurface Duoは、待ちに待ったSurface Phoneでしたが、泥を積むという事でとても残念ですね。昔に比べて、泥のセキュリティも上がってきましたが、いろいろなしがらみ上、最終的にはデバイス発売元またはキャリアがアップデートを出すかどうかにかかっていました。それに比べ、Windows 10 Mobileはサポート期間中、月1でセキュリティ更新がでていましたね。

泥としてセキュリティ更新をと言っていたNuAnsNEO Reloadedすら、3か月に1回とかのセキュリティ更新でした。(間、半年以上でなかったしね)Googleはほぼ月1で出しているにも関わらずです。
すべてをコントロールできないからAndroid、でも、NFCや別途ドライバなどが必要なのでAOSPベースのAndroidじゃ動かない。手段と目的を取り違えた挙句に、同じことを繰り返したとしか思えませんし、それに対する言い訳なんて言い訳にすらなってませんでしたね。
(サポート期間を考えると、結局Windows 10 Mobileよりも期限が早かったという笑い話)

個人が使う端末だからといっても、個人情報が含まれている以上、流出は避けたいところです。某アプリなどを使っていては本末転倒とはいえ、バックドアやセキュリティホールなんてもってのほかです。
そういう意味では、泥もまだまだと言えます。

私の場合、Windows Phoneのハブ系とModern UIが気に入り、使い始めました。(もちろんNOKIAのデザインなどが好きだったのもありましたが)Modern UIは一応泥でもアプリはありますが、ハブなどに代表されたWindows Phone/Windows 10 Mobileのようなアプリ間連携はOSの領分もあり、泥やiOSでは厳しい所です。

今更文句言ってもどうしようもありませんが、Windows on ARM及び、とあるProjectに期待したいところです。

Windows 10 Mobileの数種類のアップデートの違い

Windows 10 Mobileは一般向けには2種類のアップデートがありますね。
(Insider向けにはさらに数種あります)

一つは、累積更新を含む、Windows 10 Mobile OSのアップデートプログラム。
今月9日に配布された10.0.10586.164と呼ばれるバージョンがそうですね。

もう一つは、ファームウェアなどの端末専用更新プログラムです。
NuAns NEOであれば、Windows更新プログラム(TRINITY)
MADOSMAであれば、Windows��新プログラム(MCJ)

などの名前で配布されているようです。

他のスマートフォンを使っていた方だと、混同しやすいのですが、
前者は、MicrosoftのWindows 10 Mobile OSの更新プログラムです。
後者は、各端末メーカーが配布する端末専用更新プログラムになります。

もっと読む...

Month List