Intel NICのファームウェア更新をWindowsコマンドプロンプトで行う

しばらく前にマザーのBIOS更新に含んでファームウェア更新を書きましたが、最近 Intel Network Connection Software(ProSet) 25.0も出たので、いろいろまとめておこうかと。

Intel NIC、Windows 10 Ver.1803までは、(Intel ProSetドライバをインストールしていれば)デバイスマネージャ上でファームウェアの更新や確認ができたのですが、Intel ProSet Configuration UtilityになってからGUIサポートがなくなってしまいました。
(TeamingはやっとGUIサポート追加されましたが、うちのFast Ringでは、Teamの設定はできてもTeaming仮想NICが有効にできない為うまく動かない)
BootUtil系コマンドでファームの確認や更新ができますが、フルセットと言われるものには、DOS版は入っていますが、Windows上のコマンドプロンプトで動作するバージョンは含まれていません。

そこで、プリブートイメージ、ブートユーティリティなどが入った物を別途ダウンロードしてくる必要があります。25.0のものはこちら

Windowsのコマンドプロンプト(管理者起動)で行う場合はApps\BootUtil\Winx64(64bitOS)32ビットの場合はWin32フォルダに移動します。
(画像はWindows Terminalの開発ビルドですが、普通に管理者コマンドプロンプトでOKです)

niclistそこで、bootutilw64e.exe(32bitOSの場合はbootutilw32.exeですので適宜読み替えてください
)をそのまま実行すると、Intel NICの一覧が出ます。(ただし、MACアドレスで表示されるので名前までは出ません)
うちの場合nic番号1と2がIntel i350-T2です。2つのポートを持ったNICの場合このように表示されます。
ちなみに番号3はIntel PT Desktop Adapterで、現在のProSetでは対象外なので、ファームも更新できません。

nic_firmversion次に、NICに保存されているファーム(というかプリブートイメージですがファームとしておきます)のバージョンを確認します。この場合、-iv(-imageversion)オプションをつけ、-nicオプションで対象NICを指定すると表示されますね。もっと読む...

HUANAN X79 Deluxe GamingのPCH側PCIeとIntel NIC

さて、以前、HUANAN X79 Deluxe Gamingについて書きましたが、今回はPatsburg PCH側のPCI-eスロットについて調べてみました。

うちのHUANAN X79 Deluxe Gaming (g279k v12)にはPCI-e x4とPCI-e x1がひとつづつついており、これがPCH側のPCI-eスロットになりますね。
以前、PCI-e x4が使えないといっていましたが、それはPCI-e x1スロットにカードを入れた状態で、PCI-e x4を要求するカードを挿した為でした。もっと読む...

HP Smart Array P420をUFEIマザーで使う

ProShot_20170727_193934現在、うちのサーバー環境は、

  • Intel Core i7-3930X
    (Sandybridge-E 6C12T)
  • Gigabyte GA-X79-UD3
    (intel X79 UEFI BIOS)
  • DDR3-1600 8GB X4
    (32GB Quad Channel)
  • TOSHIBA THNSNH256GCST
    (250GB SSD システム/ブート)
  • TOSHIBA MQ03ABB300 X 4
    (HW RAID5 データ/SQL他)
  • HP Smart Array P420 +1GB FBWC+Battery
    (HP/Microsemi(Adaptec) PCIe 3.0 SATA/SAS2.0 HW RAID CARD
    本体はヤフオクで中古購入、1GB FBWCはおっとで特価時購入、バッテリーはeBay)

と、UEFI BIOSかつ、CSM無効で動作しています。
HP Smart Array P420には、UEFI Option ROMはありませんので、CSM無効ではブートできません。
うちの場合は、Windows Serverのブート及びシステム用にIntel X79に接続したSSDを使っています。
この場合、Windowsのブート中にドライバを読み込み、チェックを行いますので問題なく使用できます。もっと読む...

HUANAN X79 Deluxe GamingのBIOSアップデート

さて、このHUANAN X79 Deluxe Gaming (g279k v12)のBIOSをアップデートしたときのお話です。

私のマザーはRevision V12でした。(マザーボードに刻印があります)
もちろん、このマザーはサポートのページとか見当たりません。が、ロシアでは人気?があるようで、

ロシアのサイトで、中華マザーに関していろいろ記載があります。もっと読む...

メインPCのCPU、マザーボードを交換(ただし中古品)

つい最近、eBayで、Ivy Bridge-EPの中古品が格安になっているので、狙ってみました。
もともとのメインPCのX79マザー、GA-X79-UD3はIvy Bridge-Eは対応しているものの、Ivy Bridge-EPにはたいおうしていませんので使えず、以前予備として新品購入していた、HUANAN X79 New Gaming(G279k V12)を使用しています。
このマザー、中華マザーですが、Ivy Bridge-EPまで対応しているので結構いい感じに使えます。
現在販売されているV14 は、M.2 NVMe 2280対応スロットまで装備した模様です(^^;)
尚、V12時点でもAMI NVMe Option ROMはBIOS ROMに含まれているので、Plextor M8Pe(G)も元気に動いてます。

ProShot_20180725_203430 (2)今回用意したCPUはIntel Xeon E5-2680v2 (Ivy Bridge-EP 10C20T 2.8GHz)です。もっと読む...

Month List