RG ガンダムをベースにGMを作る その3

RGガンダムを改造してGMを作る その3は、頭部、ビームスプレーガン、バックパックですが、まず、頭部はその2に記載した通り、HG ORIGIN ジムスナイパーカスタムの頭部をポリパテで複製しています。ただし、耳の部分は作らなければなりませんね。HG ORIGIN ジムキャノン 空間突撃仕様も購入しとけば、そちらからも流用できたのかもしれませんが、耳内部のダクトのモールドが欲しかったので原型を作ってみることにしました。

ProShot_20191121_162200Webを見てて、歯車が使えるんじゃないかと思い、百均のデコパーツの歯車を購入。

ProShot_20191122_170242ProShot_20191122_170228最初は一番小さい歯車にプラバンを貼って削って作ったのですが・・・大きさ的に1/100くらいになってしまいましたので、ボツに・・・もっと読む...

RG ガンダムをベースにGMを作る その2

次は、膝アーマーですね・・・

RGガンダムの膝アーマーは結構ボリュームもあり、スラスターっぽい?部分もありますが、GMにそんなものはナイナイということで、ボリュームをできるだけ落としながらも、パネルラインは共通にしたいという思いもありました。

ProShot_20191104_23029パネルラインを利用するために、表面部分数ミリを残して切断しました。もっと読む...

RG ガンダムをベースにGMを作る その1

最近、HGUCにも手を出してしまっているので、久々にHG(UC) GMでも作ろうかなとは思っていたのですが、やっぱりRGベースでGMが欲しいなと思ってたんですよね。ネット上には作例がいっぱいありますが、いろいろ参考にしながら、自分なりに(下手なりに)作っていきたいと思います。

以前、RGガンダムを組んだ時に、組み立て後の流し込み墨入れでアドヴァンスドジョイントを破損し、もう1個部品取りに購入した残りを使います。
(まあ、完成させるには、結局もう1個買うしかなさそうですが・・・)

RGガンダムのパネルラインやパーツ分割などをできるだけ生かしながら組んでいくのが前提です。

ガンダムとGMの違いといえば、

  • 腰の電源回りの省略
  • コックピットハッチ
  • 膝アーマー回り
  • バックパックのビームサーベル1本化
  • ビームスプレーガン

というところでしょうか。頭とビームスプレーガンは、まあ、別途用意するしかないので、大きい箇所としてまずは腰部から変更していきます。

ProShot_20191030_05626まずは、RGガンダムの腰部の電源ボックス(黄色いアレ)を取り付ける部分を平にしました。もっと読む...

RG プレバン限定 GAT-X105B/FP ビルドストライク RGシステムイメージカラー その2

ProShot_20191022_225000さて、ビルドストライクその2です。
リアリスティックデカールを貼り、トップコートを行いました。

ProShot_20191018_195339ABSを含むアドヴァンスドジョイントもラメ入りクリアのため、今回はファレホポリウレタングロスバーニッシュのみで塗装していきました。3時間開けて3度塗りましたが、平滑性はあがるのですが、やはりデカールなどを埋めるにはもっと間隔を開ければよかったかも。

ProShot_20191022_225246ProShot_20191022_225318とりあえず丸二日乾燥させて、くみ上げました。もっと読む...

RG プレバン限定 GAT-X105B/FP ビルドストライク RGシステムイメージカラー その1

ProShot_20191011_205040RGビルドストライクは通常版を買う予定でしたが、近くで比較的安価で見つけたので、プレバン限定 RGシステムイメージカラーをゲットしました。

ProShot_20191015_124447RGシステム発動をイメージしたカラー構成となっているので、クリア系やラメ入り、パール系に成形色が変更されていますね。
いざ購入した後に、墨入れどうしようかなと悩んで数日おいてしまったくらい。

エナメル系があればよかったのですが、手元には墨入れ塗料しかないので、こうなったらと、Mr.カラーを使用して墨入れ用を作ることに。

  • Mr.スーパーメタリック クロームシルバー
  • 色の源 シアン

を混ぜて、メタリックブルーを作り、これをレベリングチューナーを多くしてかなり薄くした塗料を作成しました。
クリアーレッドの成形色には上記に色の源マゼンタを混ぜて紫にしています。もっと読む...

Month List