RG 28 OZ-00MS トールギスEW その1

RGの新作はトールギスEW版ということで、ゲットしています。

トールギスEWとかウイングEWとかは漫画版でしか出てないですが、まあ。小型サイズのMSでEGのクォリティをどう出しているかはとても気になります。

ProShot_20180501_05756部品点数は少な目ですね。最近、パーツが多いものばかりだったのでなんか新鮮です。
MS-06Rも結構パーツ多いですしね。
ホワイト2種、3ランナーと、とさかの赤パーツがグロスインジェクションですね。
今回もランナー上で墨入れ。
ホワイト、グレーは田宮墨入れ塗料グレー
フレーム系は田宮墨入れ塗料ブラック
黄色ランナーは田宮墨入れ塗料ブラウン
とさかは田宮墨入れ塗料ダークブラウン
と、4色フルに使っています。

ProShot_20180503_134850さて、内部フレームのみでいつも通り組んでみます・・・が、今回のアドバンスドジョイントはとっても少ない。
足首、腕、足のフレームのみ。可動指もない(これはかなしい)

ProShot_20180503_160545

ProShot_20180503_161010まあ、一部、装甲パーツを使わないと組めないのですが、まあ、仕方ないとして。
スーパーバーニアの開閉ギミックも含めフレームで再現していますね。
※RGの外箱にも書いてありますが、説明書どおりに組み立てた場合、こうはなりませんので。
ここはどうすればこうなるのかを考えながら組んでいくところですね。

ProShot_20180503_195948ProShot_20180503_200032左脚、右手をフレームのまま、メカニックモデルのようにくんでみたところ。
足は内部フレームには見えませんけど、トールギスの足から比べれば頑張ってるかなと。
今回、既存のRGと違い、ABSが極端に少ないですね。アドバンスドジョイントで使ってるだけなんだろうな。
まあ、それでも、組み立て後の流しこみ墨入れはやはりパーツ破損が怖いのであまりあまりやりたくないですねぇ。
肩アーマーのパーツ積層による色分けもいいですね。

ProShot_20180503_183959ProShot_20180503_202230頭部のリーオー顔と、スーパーバーニアの展開。
リアリスティックシールも付属していて、さすがRGというべきですか・・・
バーニアは内部を田宮ペイントマーカーシルバー、外側はファレホメカカラー ガンメタルを塗装。

ProShot_20180503_215610ProShot_20180503_215641残りと、武装を組んだところ。
1/144で小型モビルスーツとしてはだいぶ出来が良いのではないでしょうか。
腰アーマーも大腿部への固定ジョイントがありますが、ジョイントをアーマー内部にひきこめるようにもなっていますし、細かいところもしっかりとしていると思います。

次はシールとトップコートですが・・・
シールはじつは作業終わってるのですが、トップコートはまだだったり。
今回は装甲パーツでもグロス、通常と別れているので、予定としては、フレームと黄色、グレー系の装甲などは艶消し、ホワイトの装甲パーツととさかはつやありにしてみようかと思っています。さて、どうなることやら。

Comment List

Month List