RG 30 RX-0 フルアーマーユニコーン その1

いやー、やっと出てくれました。フルアーマーユニコーン(というか、覚醒緑ユニコーン)
以前、RG+HGUCでフルアーマーユニコーン作ってましたけど、バッサリとこちらに移行しようと。

ProShot_20181224_162558箱の大きさは、まんまRGサザビーですなぁ。ランナー数は24枚と、もう重量級。
これで1/144なのだから・・・

ProShot_20181224_162755RGのフルアーマーパーツもたくさんランナーあってこれは・・・と

ただ、残念だったのは、サイコフレームパーツがHGUCと同じ”緑”なんですよね。
もうちょっと青系によってほしかった。ということで、今回は以前作った塗装緑ユニコーンをベースにFAパーツを作っていくことに(この時点では)
FAパーツのみとはいえ、全部ランナー状態で墨入れしています。墨入れふき取りだけでかなり時間がかかりましたねぇ・・・墨流しだけで4時間近くかけたような・・・

ProShot_20181225_214526まずは、ビームガトリングガンから作っていきますが・・・さすがRG、単体持ちもできるように、グリップ展開機構及び連結、分離機構も持っています。
写真は銃身だけですが、左側が1つの銃身に使用するパーツ、右側は作った5セットと・・・細かいです。

ProShot_20181225_220429そしてビームガトリングガンのフレーム含む1丁のパーツが左、右側は上からHGUCのビームガトリングガン、連結状態2セット、単体装備にグリップを引き出したもの。
さすがRGですな。

ProShot_20181225_233400ProShot_20181225_233153ProShot_20181225_233129次はさんざん今まで作ったRGのシールド+ビームガトリングガン・・・ほんと緑過ぎるサイコフレームが残念なのですが・・・
接続パーツが新規に追加され、展開時にビームガトリングガンとシールドの先がぴったり合うように調整されていますね。HGUCと比較しても出来が違います。

ProShot_20181226_00304ProShot_20181226_00419

ProShot_20181226_00155

この時点で、最終決戦仕様なので、HGUC94式ベースジャバーに乗せて、インダストリアル7への出撃時を再現してみることに。FAパーツなしで背中にセットするためのパーツも別途付属していて親切。
ただ、シールド3枚合わせパーツはなく、これはなんか限定やるつもりか?商売上手だなとw

ProShot_20181226_30907次は、RGのバズーカ及びグレネードランチャー、ハンドグレネードユニットなどを組み立て。
既存のRGのバズーカの砲身の一部を新規パーツ化していますね。形状から最中割りになってしまったのはまあ残念ですけど・・・
右がHGUCのバズーカ+ミサイル、グレネード類。上はRGバズーカ及びグレネードランチャーをそれぞれ取り外したところで、グレネードランチャーまでマガジン着脱式です。
下がRGでセットした状態。左はRGのハンドグレネードラックです。連結式なところや開閉も再現されています。

ProShot_20181227_01300ProShot_20181227_01044ProShot_20181227_01443とりあえず、プロペラントタンク及びFAフレームなどを組んで、まずはユニコーンモード。
プロペラントタンクもHGUCより長く、最中は段落ち処理されています。バーニアは内部の赤と別パーツになっていて色分けされていますが、その分、ちょっと見栄えが・・・まあ、バーニアはスーパーメタリックアイアンと、内部赤は田宮ペイントマーカーシルバー+ガンダムマーカーメタリックレッドで塗装。

ProShot_20181227_172030ProShot_20181227_172120ProShot_20181227_172200次はデストロイモード・・・やはり、FAユニコーンのデストロイモードは赤サイコフレームだと思っているので、そのうちもう1個かって、赤の方につけたいところです。
RGなので、バズーカの砲身は伸長します。ユニコーンモードの時は縮めて、デストロイモードの時は伸ばしています。
ちなみに、足のハンドグレネードパーツは予想通りというか、足外側の内部パーツをつけない状態で作り、はめ込みます。(うちがRG+HGUCでやってたのと同じ)部品は付属してるので、上側だけ切り飛ばしてつけてもいいかもしれませんね。

この後、FAパーツ類にはリアリスティックシールを貼り終えたのですが、やはり緑なサイコフレームが気に入らず、少し手入れをしようとしてしまいました。
MrカラースーパークリアとMrクリスタルカラー ターコイズグリーンを1:1で混ぜ、そこに色の源シアンを少々混ぜて緑サイコフレーム全面に、ハンドピースで三度塗り。

ProShot_20181230_10434ProShot_20181230_10446その後、通常のパーツも含め、マスキングゾルNEOを使って表側を保護したのち、Mrスーパーメタリック、クロームシルバーを塗装してみたところ、裏側で光を反射するため、まずまずましになった気がします。(実は赤ユニコーンも裏側に田宮ペイントマーカーシルバーを塗装していました)
なので、胸部や腕部を作ってみて、ちょっと比べてみようと思います。もしいけそうなら、今の塗装ユニコーンのサイコフレーム部を全とっかえするつもりです。

まあ、続きはそのうち。

Comment List

Month List