ハセガワ 1/100 VR-747a8 テムジン 白虹騎士団 その1

以前のガラヤカは途中でほっといたものでしたが、今回のテムジンは実はスライプナーの完全変形を模索中にいろいろあって紛失して、本体だけそのまま15年近く放っておいたものです。
しかも、ガンプラのように簡単に作れるものではなく、UCがつく前のHGとか旧キットに近いので、ランナー枚数はあっても、クリアパーツ、アイボリー、グレーの3色ランナー、かつデカールが300枚近くあるという難物なんですよね・・・

まあ、せっかくだし作ってみようということで・・・まずは以前MZV-747Jを途中まで作っていた(これも部品吹っ飛ばして保管中・・・旧Webサイトで)のでそれをもとに仮組していきました。

ProShot_20190722_220405まあ、仮組途中で、マインドブースターの一部パーツを吹っ飛ばしてしまい、見つからず・・・(号泣)セリアのおゆまるとUVレジン、UVペンを使って型取りして複製しました。

ProShot_20190722_222001ProShot_20190722_222019まあ、少しヒケありますが気にしない(逃げ
プラリペアで作ったほう楽かなと思ったのですが、じつはプラリペア使いすぎて切れてしまったので。

ハセガワのテムジンのキットですが、マインドブースターの発光部分はクリアパーツにはなっていないのです。以前のMZV-747Jはスカイブルーで、色の源も持っておらず、泣く泣く通常色にしましたが、今回はやっぱりクリアパーツと同様にしたいということで、クリアと色の源でクリアグリーンを調色しています。

ProShot_20190723_221444ただし、VR-747のルマングリーンではなく、RGユニコーン最終決戦に近いエメラルドグリーンにしていたり。
色の源シアン3:イエロー1に、Mr.クリスタルカラーGX ターコイズグリーンを3入れています。
これを、Mr.スーパーメタリック スーパーファインシルバーを下地に塗装しています。クリアパーツも、裏にスーパーファインシルバー、表にエメラルドグリーンを塗装済みです。

ProShot_20190724_234851あとは、タミヤ墨入れブラックで境目を出し、Mrカラーブラックを入れて、マインドブースターの発光部を塗り分けました。その後、塗装のためにマスキングゾルで覆います。

ProShot_20190723_225830次は、グレー部を組み、一気に塗装していきました。後ハメ加工または、マスキングを行う部分(腕部、足首)があるためです。ここは、RGユニコーンの構造フレームの色指定で作っておいたものをベースに、10%程度Mr.スーパーメタリック スーパーアイアンを混ぜて塗装しています。

ProShot_20190725_05754できるだけ、後ハメ加工できるように、足首は加工しました。腕部はマスキング後、上腕部を組んでます。久々のタミヤセメント2度塗り、1~2日程度乾燥後の削りだしの合わせ目消しをしています。Mr.セメントSPでもできるかとおもったのですが、脚部など結構パーツが大きいため合わせ目を消すまでには至らず。
また、単体で塗装できるパーツは塗装し、墨入れもしています。シルバーメタリック部はMr.スーパーメタリック スーパーアイアンを、ブルーシルバーは、Mr.スーパーメタリック スーパーファインシルバーに、色の源シアンを少々混ぜてます。エアブラシがないとやはりつらいところですね。

あとは、ベースのホワイトですが、テムジンの場合、オレンジのオーバルコアをデカールで行うのは段差もあり厳しいので、先に黄橙色で塗装してからマスキングしています。

ProShot_20190726_04319以前のガラヤカの下地シルバーからのキャラクターホワイト塗りの色が気に入っていたので、今回もそれで一気に塗装しています。ただ、一部シルバーを残す部分はマスキングしたり・・・ここら辺は塗装指示書見ながらにらめっこしないとつらいですね・・・

ProShot_20190726_14129と、約5日かけて、現在はここまで。頭部の仮組です。
次は、グリンプスタビライザーなどのグレー部分や、足首回りのマスキング塗装など、まだまだ時間がかかりそうです。

Month List