HGUC D-50C ロト ツインセット 2機目

ProShot_20190912_15515さて、2機目のロトは、1機目の最後に載せたとおり、全塗装です。まあ、陸自迷彩仕様のロトをつくりたかったので、スーパーメタリックの補充と一緒に購入しておきました。

  • Mr.カラー 516 濃緑色3414
    ロトの通常装甲部に使用、カーキ部分は色の源 シアンを混ぜて緑濃いめに調整。
  • Mr.カラー 517 茶色3606
    迷彩部に使用
  • Mr.カラー 528 OD色2314
    ABSフレーム及び腰部など

ProShot_20190908_12620その他、履帯も含め塗装しています。
履帯及び転輪は、Mr.スーパーメタリック スーパーアイアンに、余っていたスーパークリア グレートーンを混ぜてエアブラシで塗装したものです。10式なども、舗装路ではゴムパッドをつけているのでそれに合わせて塗装しています。1枚ずつ手塗りしたのですが、正直、もっと丁寧にやればよかったかも。

ProShot_20190909_225258ProShot_20190909_225226パーツの塗装が終わったら、戦車形態をベースとして迷彩塗装です。
ダブルアクションエアブラシで絞って塗装してたのですが、やはり初迷彩塗装なのもあってか、結構茶色が飛び散ってしまってますね^^;
今後はきちんとマスキングした方がよいと勉強になりました。
まあ、気を取り直して、濃緑色を筆塗りで塗り、全体的に迷彩がつながるように塗っていきました。
腕も合わせて塗装したり、武装類も上から見たとき、横から見たときにボディと迷彩がつながるように位置決めして塗装していきました。

ProShot_20190911_0424310式、90式戦車や16式などは転輪の縁を黒で塗り、迷彩に合わせて転輪内部も塗装するので、同じように迷彩と合わせながら塗装していきました。

最後まで胸部ダクトの色やセンサー系、スラスターの色は悩んだのですが、1機目と同じにしました。(自衛隊なら絶対光らせないだろうなと思いながらも)

タミヤ墨入れダークブラウン及びブラックで墨入れを終えた後、最後にトップコートつや消し(今回は余っていたMr.スーパークリアⅢつや消し)を吹いて完成。

ProShot_20190912_20219ProShot_20190912_20250まずは戦車形態。右の写真の手前に映っているのは、おおよそ1/150くらいのUCCの缶コーヒーのおまけの90式戦車、右に切れて写っているのは、10式戦車(試作車)です。(どちらもタミヤ墨入れダークブラウンで墨入れ後、つや消しトップコートしてます)
おまけと比べると、ロトの迷彩の方が色が濃く感じますが、実車の色は今回のロトの方の色に近いですね。

ProShot_20190912_15807ProShot_20190912_15831次にMS形態。大腿部、上腕部、腰アーマーなど、MS形態時に迷彩が破綻しないようにちょい修正入れたりなど・・・(ごまかしともいう)

ProShot_20190912_20330ProShot_20190912_20404最後に、戦車形態で1機目との比較。やはり、陸自迷彩色いいなぁ。

次は、RG ニューガンダムを完成させることかな~

Month List