RG ガンダムをベースにGMを作る その1

最近、HGUCにも手を出してしまっているので、久々にHG(UC) GMでも作ろうかなとは思っていたのですが、やっぱりRGベースでGMが欲しいなと思ってたんですよね。ネット上には作例がいっぱいありますが、いろいろ参考にしながら、自分なりに(下手なりに)作っていきたいと思います。

以前、RGガンダムを組んだ時に、組み立て後の流し込み墨入れでアドヴァンスドジョイントを破損し、もう1個部品取りに購入した残りを使います。
(まあ、完成させるには、結局もう1個買うしかなさそうですが・・・)

RGガンダムのパネルラインやパーツ分割などをできるだけ生かしながら組んでいくのが前提です。

ガンダムとGMの違いといえば、

  • 腰の電源回りの省略
  • コックピットハッチ
  • 膝アーマー回り
  • バックパックのビームサーベル1本化
  • ビームスプレーガン

というところでしょうか。頭とビームスプレーガンは、まあ、別途用意するしかないので、大きい箇所としてまずは腰部から変更していきます。

ProShot_20191030_05626まずは、RGガンダムの腰部の電源ボックス(黄色いアレ)を取り付ける部分を平にしました。
レザーソーで切断、その後やすりで軽く慣らしました。
また、装甲の内側の角を取り去り、直線にしています。

GMのパンツスタイルを前提に、装甲の可動を確保するつもりです。
全体的カバーにすればもっと楽なのですが、そうなると装甲が厚くなり、バランスが悪いと感じました。ですので、電源ボックス周りのラインを生かしながら、プラバンを使用して作っていくことにしました。
アドヴァンスドジョイントの可動部分ギリギリ残して、ギリギリまで詰めます。(これは股装甲を現物合わせで分割してつけるため)

RG_GM_FrontArmor_Panel前後、装甲に必要なプラバンのサイズを計測してみました。尚、このサイズは前右の部分です。後部は角度がかわるので、中心から0.5㎜程度詰める必要がありました。

ProShot_20191030_233511上記を2枚、左右反転させたものを2枚、0.5㎜プラバンから切り出しました。
もっと厚いプラバンを使いたいところですが、装甲のラインと合わなくなること、アドヴァンスドジョイントに干渉する為このサイズになりました。

ProShot_20191030_235740ProShot_20191102_210313現物合わせでやすりで加工しながら、両面テープで仮止めしています。
やっつけにみえますが、簡易量産型のGMなので、これもありだなと思ってます。

ProShot_20191102_210339コックピットハッチを加工します。これは元のコックピットハッチの表面を削り、縦長方形(ちょい台形)をプラ板から切り出します。これも0.5㎜で縦12㎜、横、上が3.8㎜、下が4㎜程度で切り出し、現物合わせしながら接着しています。
まあ、赤は適当に調色して塗装したのですが、設定より濃い色になってしまったような・・・(濃淡で2色にしていますがわかりづらい)

スジボリ道具が欲しくなりますが持ってないのがつらい所ですね。

その2に続く・・・

Month List