Visual Studio 2017.5以降でVC++ Toolset 14.11を使う

Visual Studio 2017.5以降、C++ ツールセットが14.12になってしまい、CUDA 9.1など、MSVC Ver 1911でないとコンパイルできないなどが発生しているようで、私もそれで悩みました。
Visual Studio Installerには、しっかりと14.11ツールセットをインストールできるようになってるのですが、C++プロジェクトのプロパティでは

Visual Studio 2017 v141

しか選択できませんねぇ。

ああ、まさかのまたvcxprojをいじれ案件かなと思って検索してみたら、まさにその通りでした。もっと読む...

Install Shield 2013 LEでWindows サービスをインストールするセットアップを作る

Visual Studio 2010 Pro以上?で無料でDL、使用できるInstall Shield 2013 Limited Editionで、いろいろ機能が追加されましたね。

今まで、Windowsサービスをインストールするセットアップは作りづらく、セットアップ用のEXEを作ったり、ProjectInstallerを入れてinstallutil.exeで入れたりしてましたが、いままで、上位版でしか作れなかったWindowsサービスを含むセットアップも作れるようになりました。

Install Shield 2013LEは、Team Foundation Server ExpressがインストールされているPCに入れれば、セットアッププロジェクトもTFSに入れることができるようになり、いろいろ便利になりました。

さて、Windowsサービスのセットアップは完璧ではないとしても、いろいろできますね。簡単な例を。

いちから詳しく書いているわけではなく、Serviceの指定方法などを抜粋して記載していますのであしからず。もっと読む...

続・C#のサービスアプリケーション(イベントログ)で悩む

以前書いた記事の続編?というかいろいろですね。

C#でサービスアプリケーションを作っていて思ったことを記載します。

Visual Studio 2012、2013では、サービスインストーラーの追加は、サービスのデザイナーを右クリックして追加します。

また、コンポーネントを追加するときに、EventLogを追加してお手軽にやろうと思ってしまいますが・・・ログの出力先によっては、使わないで自前で書きましょう。なぜかといいますと・・・

ログの出力先がApplicationに固定されてしまったり、InstallUtil.exeでインストールする際に、ログが既にあるとインストールに失敗してしまいます。

一度、これに気づいて、サービスをインストールしてしまい、そのあとで、直してしまうと、InstallUtilで失敗してしまうのです。
すでに別のログで登録されてしまっていると・・・

その場合、一度削除してあげないとなりません。

自前で書く場合ですが・・・もっと読む...

C# サービスアプリケーションのServiceInstallerでなやんだこと

まあ、よくある話なのですが・・・

Visual Studio 2012 C#でサービスアプリケーションを作り、Installutil.exeでインストールできるようにつくるとして、ServiceInstallerを入れる

とりあえず、Serviceとして作ったクラスの”デザイナー”を開いて、ツールボックスのコンポーネントからドロップしてあげればよい。

まあ、これはともかく、

Installutil.exeを使ってインストール、アンインストールをしていると、Installerが ArgmentExceptionで失敗、ロールバックすることがありますが、海外などで見ると、Eventlogへの登録関連でおきますよね。

自前でInstallerコード書けば、

もっと読む...

Visual Studio 2012 RCとTFS Express RCのアップグレード

Windows 8 Release Previewと同時に、Visual Studio 2012 RCもりりーすされましたね~ぶりちゃんも、さっそくPC3台(うち、一台は、ブログにまだ書いてないUltrabookさん)のVisual Studio 11 Betaを2012 RCにアップグレードしました。

同じエディションなら、そのままアップグレードできますね。

さて、問題は、Team Foundation Server Express(以下、TFSE)ですね・・・

リリースノートみても、アップグレードについてなんも記載ないし、起動すると、Betaが入ってるので駄目よといわれてしまいました;;

なので、いいや、2012RCいれてから、あとで考えよう・・・と思ったのが後の祭り。

Ultrabookさんの2012RCからTFSEに接続しようとしたら、HTTP500エラーと返されてしまいました。
鯖PCの管理コンソールを開いたら、強制終了・・・(号泣)で、詳細をみたら、TypeLoadException・・・

TFSEとVisual Studio共存なら、おとなしくTFSEからアップグレードしましょうねってことですね・・・

とはいえ、アップグレードできないのでさてどうしたことやら。

もっと読む...

Comment List

Month List