Install Shield 2013 LEでWindows サービスをインストールするセットアップを作る

Visual Studio 2010 Pro以上?で無料でDL、使用できるInstall Shield 2013 Limited Editionで、いろいろ機能が追加されましたね。

今まで、Windowsサービスをインストールするセットアップは作りづらく、セットアップ用のEXEを作ったり、ProjectInstallerを入れてinstallutil.exeで入れたりしてましたが、いままで、上位版でしか作れなかったWindowsサービスを含むセットアップも作れるようになりました。

Install Shield 2013LEは、Team Foundation Server ExpressがインストールされているPCに入れれば、セットアッププロジェクトもTFSに入れることができるようになり、いろいろ便利になりました。

さて、Windowsサービスのセットアップは完璧ではないとしても、いろいろできますね。簡単な例を。

いちから詳しく書いているわけではなく、Serviceの指定方法などを抜粋して記載していますのであしからず。もっと読む...

続・C#のサービスアプリケーション(イベントログ)で悩む

以前書いた記事の続編?というかいろいろですね。

C#でサービスアプリケーションを作っていて思ったことを記載します。

Visual Studio 2012、2013では、サービスインストーラーの追加は、サービスのデザイナーを右クリックして追加します。

また、コンポーネントを追加するときに、EventLogを追加してお手軽にやろうと思ってしまいますが・・・ログの出力先によっては、使わないで自前で書きましょう。なぜかといいますと・・・

ログの出力先がApplicationに固定されてしまったり、InstallUtil.exeでインストールする際に、ログが既にあるとインストールに失敗してしまいます。

一度、これに気づいて、サービスをインストールしてしまい、そのあとで、直してしまうと、InstallUtilで失敗してしまうのです。
すでに別のログで登録されてしまっていると・・・

その場合、一度削除してあげないとなりません。

自前で書く場合ですが・・・もっと読む...

Comment List

Month List