RGガンダムとMk-2からヌーベル・ジムⅢを作る その4 胸部及び追加ダクト回り

ヌーベル・ジムⅢ その4は、胸部回りの改造(以前少し出たものも含む)と追加ダクトの作成です。

ヌーベル・ジムⅢは、設定上、ジムⅢと違い上腕部までMk-2と同型、バックパックもMk-2と同型のものということで、RG ガンダムMk-Ⅱの腕部アドヴァンスドジョイントとバックパックを取り付ける為の改造が必要になりました。そこで、以前組んだRG Mk-2からバックパックと上腕部を外してどうつけるか考慮していました。
初期のガンダム、ザクⅡとストライク以降は腕部の接続方法がちがいますので、もちろんそのままは尽きません。Mk-2の胸部ジョイントが使えればとも思いましたが、外装取り付けが大変になるので何とか腕部をそのままつけられないかと考えた所・・・

ProShot_20200103_00308RGガンダムの胸部アドヴァンスドジョイントの腕部取り付けパーツ(ボールジョイントの部分)を取り外し、そこにMk-2の腕部アドヴァンスドジョイントを90度回して取り付けてみました。まあ、ボールジョイントに取り付けるのでアレですが、何とかなりました。
ですが、このままガンダムの胸部装甲をつけると、肩の胸部の間がかなり離れてしまいます。もっと読む...

RGガンダムとMk-2からヌーベル・ジムⅢを作る その3 脚の改造(2)

RGベース ヌーベル・ジムⅢのその3、脚部改造のその2です。

ProShot_20200108_43430ProShot_20200109_204830HGUCジムⅢの膝部アクチュエーターを元に作っていた膝部ですが、さすがに大きいということで、まずはアクチュエータの前3分の1をレザーソーでバッサリと切断。それに合わせて、膝前アーマー部の角度を削り出しました。
左は以前にも載せたそのままの状態。右がバランスを取った後になります。
スジボリ道具をいまだに持っていないので、レザーソーやデザインナイフ(OLFAのデザインナイフPro)、1㎜ピンバイス(百均)などで。もっと読む...

RGガンダムとMk-2からヌーベル・ジムⅢを作る その2 脚の改造(1)

その1で、いつのまにか、ヌーベル・ジムⅢになってしまったので改めて、改造箇所を記載しなおしてみましょう。

  1. 頭部の新規作成(これはHGUCジムⅢをベースに)
  2. (変更)胴体部のダクトの外部化及びコックピットハッチの改造
  3. (追加)追加ダクト一式の新規作成
  4. (変更)バックパックをMk-2から流用
  5. (変更)腕部のMk-2からの流用及び肩の加工
  6. セパレートタイプの腰部に改造
  7. 膝部アクチュエーターの増設
  8. 脚部外側スラスター部の増設
  9. 脚部後ろのスラスター増設
  10. (追加)くるぶしアクチュエーターの増設
  11. 足をガンダム型からスリッパ型への改造
  12. (変更)Mk-2ビームライフル、シールドの流用
  13. 肩部及び腰部のミサイルランチャーの流用

と、作業が増えてますねぇ・・・まあ、最初からヌーベル作りたかったのですけどね(確信犯

さて、ジムⅢはもともとカトキさんのデザインということで、ジム改などのようなスリッパ、全部にモールド入りにしなければなりません。RGガンダムの足はそうはなってないのでさてどうするか。

ProShot_20200102_211141とりあえず、スリッパに見えるようにかかと部分にプラバンを切って貼ってみました。プラバンのサイズは現��ですが、足の真ん中のパーツの高さに合わせます。
段差をつけることで、元の部分を白系に塗装して、プラバンで厚くした部分を緑にすることでスリッパに見えるようにしています。もっと読む...

RG ガンプラ インデックス RGベース改造

今まで組んできたリアルグレードガンプラのうち、RGベースで改造したものの記事へのインデックスになります。

いままで改造物も通常インデックスに追加で記載していましたが、それに加えて改造物のインデックスを別に作ることにしました。

まあ、こちらも順不同、改造物なのでそんなに多くはないと思いますが・・・

RG 01-10は インデックスその1に記載しています。
RG 11-20は インデックスその2に記載しています。
RG 21-30は インデックスその3に記載しています。
RG 31~は インデックス その4に記載しています。
RG プレバン限定は インデックス プレバン限定に記載しています。

RG改造ベース インデックス (令和2年1月21日更新)   
RGM-86R ヌーベル・ジムⅢ(その4)を追加

画像 名称 改造元 記事
ProShot_20191214_151226 RGM-79
ジム
RG ガンダム
HGGTO ジム・スナイパーカスタム

GMその1
GMその2
GMその3
GMその4
GMその5

ProShot_20200114_131957 RGM-86R
ヌーベル・ジムⅢ
RG ガンダム
RG ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)
HGUC ジムⅢ
GMⅢ その1
GMⅢ その2
GMⅢ その3
GMⅢ その4

RGガンダムとMk-2からジムⅢを作る その1 頭部の改造

さて、以前はRGガンダムからジムを作るをなんとかやってきましたが、ナンバリングジムは全部作りたいという欲求がありまして・・・ジムⅡとジムⅢも作りたいなと思っていました。

ジムⅢが先になったのは、ジムⅢを作る上でRGガンダムの腕部が余り、それをジムに流用できたことです。(まあ、バーニアの関係もあるのですが)

最近ジムが作りたくなったのは、ジム・スナイパーカスタムもありますが、ずっと見てるyoutubeのシュウ部屋ちゃんねるのおかげでもあります。(最近睡眠薬にもなってる気がするくらい毎日どれかを見てたりもする)
もともと量産機好きなのでね。
ザク系バリエーションもやりたいところです。

・・・と、脱線してしまいました。ジムⅢにするには、ジム、ジムⅡよりも加工する点が多いですよね。

  1. 頭部の新規作成(これはHGUCジムⅢをベースに)
  2. 胴体部のダクトの外部化及びセンサーの増設
  3. バックパックをMk-2準拠に変更
  4. 腕部のMk-2からの流用及び加工
  5. セパレートタイプの腰部に改造
  6. 脚部アクチュエーターの増設
  7. 脚部外側スラスター部の増設
  8. 脚部後ろのスラスター増設
  9. 足をガンダム型からスリッパ型への改造
  10. ビームライフルの流用
  11. 肩部及び腰部のミサイルランチャーの流用

・・・いっぱいありますねぇ。ジムを作るときに、ジムⅡやⅢと共通の部分に関しては、おゆまる型を残して複製できるようにしていますがそれでも相当時間がかかりそうです。

ちなみに母体となるRGガンダム、RGガンダムMk-2(エゥーゴ仕様)HGUCジムⅢと必要ですが、これを書いている時点では、RGガンダムMk-2は用意できてなかったり(組み立て済みはありますが)

まあ、まずは頭部からやっていきますか。

ProShot_20191227_232518HGUCジムⅢの頭部をおゆまるで型取り、ポリパテで複製しました。
ここで早速脱線してしまったような気がします。すでにプラバンが貼ってあります。
頭部を3㎜弱、延長しています。もっと読む...

Month List