HG ORIGIN プレバン限定 ジム・スナイパーカスタム ミサイルランチャー装備 MSVカラーリング

ジェスタ・キャノン、ロトとHGにもまた手を出してしまったので、次はHG ORIGIN ジム・スナイパーカスタムです。
旧シリーズのガンプラといえば、MSVでザク・マインレイヤーやジム・スナイパーカスタム、ジムキャノンをよく作ったもので(当時は接着剤はみだしとか塗装なしとか当たり前でしたが)
MSVには愛着があるんですよ。

ProShot_20191129_215419それもあって、今回はORIGINのキットですが、カラーリングはMSV仕様にという事で作ってみました。

ProShot_20191129_215500パーツ構成は、ミサイルランチャー及び、色違いの部分を追加パーツになっていて、通常のジムスナカスも作れますね。MSVカラーリングの関係上、新規の腰や大腿部は未使用です。もっと読む...

HGUC D-50C ロト ツインセット 2機目

ProShot_20190912_15515さて、2機目のロトは、1機目の最後に載せたとおり、全塗装です。まあ、陸自迷彩仕様のロトをつくりたかったので、スーパーメタリックの補充と一緒に購入しておきました。

  • Mr.カラー 516 濃緑色3414
    ロトの通常装甲部に使用、カーキ部分は色の源 シアンを混ぜて緑濃いめに調整。
  • Mr.カラー 517 茶色3606
    迷彩部に使用
  • Mr.カラー 528 OD色2314
    ABSフレーム及び腰部など

ProShot_20190908_12620その他、履帯も含め塗装しています。
履帯及び転輪は、Mr.スーパーメタリック スーパーアイアンに、余っていたスーパークリア グレートーンを混ぜてエアブラシで塗装したものです。10式なども、舗装路ではゴムパッドをつけているのでそれに合わせて塗装しています。1枚ずつ手塗りしたのですが、正直、もっと丁寧にやればよかったかも。もっと読む...

HGUC D-50C ロト ツインセット 1機目

RG ニューガンダムDFF拡張セットが来る前にと、作りたかったロトをゲットしてきました。
近場では、量販店、模型店とも在庫がなく、この前ふと量販店に1個入荷があったので、予算と格闘しながら悩み、数日後ゲットしてきた次第。
逆シャアもF91も世代ですし、UCはまあBDも買いましたし・・・特にこのミリタリーよりのロトとジェスタ系は好きなんですよね。

まずは1機目、これはHGUCなので部分塗装は必須、あとは、仮組みもかねて、合わせ目消しが必要なところを考慮しながら作ろうと思っていました。

ProShot_20190905_11210 (2)まずはランナー状態で墨入れ。とできる部分塗装を行っています。
尚、ロトは小さいためか、初期RGと同様のフレーム系はABSなので、ABSランナーはこの時点では墨入れは行っていません。

  • オリーブドラブ系ランナー タミヤ墨入れ ダークブラウン
  • カーキ系ランナー タミヤ墨入れ ブラウン
  • グレー系ランナー タミヤ墨入れブラック
  • 転輪、スラスター、胸部ダクト(下塗り) Mr.スーパーメタリック スーパーアイアン
  • スラスター内側及び胸部ダクト Mr.カラー キャラクターホワイト
  • カメラ、センサー部下塗り Mr.スーパーメタリック スーパークロームシルバー

ProShot_20190905_20958ProShot_20190905_34419とりあえず、ぱちぱち組んでいきます。ラン���ー3枚とは何て少ないんだろうと思いながらも、パーツが細かいため、集中力使いますね。もっと読む...

HGUC ジェスタ・キャノン

HGに手を出してしまいました。以前にもHGは購入してましたが、あくまでRGの改造用でしたので・・・

うちはGM系やザク系も好きなのでHGに手を出すのが一番なのですが・・・手を出すと置き場所も金銭的にも大変になるので・・・とりあえず、ジェスタ欲しいなと思ってたので、在庫があったジェスタ・キャノンをゲットしてきました。そのうちロト作りたいんですけどね。

ずっとRGだったので、ポリキャップがここまでいろいろ種類できてるとは思ってなくてちょっとびっくり。余ったポリキャップは改造用に使いましょうか。

ProShot_20190805_04212ざっと見て、武装と両肩、両腕、頭部は合わせ目が出るなぁと・・・まずは頭部、両肩、両腕をMr.セメントSPを流し込んで削り出しましたが、ちょっと腕部は失敗してますね・・・腕部は接着面積が広いのでMr.セメントSPだとつらいかもしれません。(この接着剤はむにゅができるのですが、追加流し込みはできません。追加すると元の接着もはがれて、再接着になります。)もっと読む...

RG RX-0 ユニコーン その9 シールド位置の調整とバーニアの再塗装

RG+HGUCユニコーンですが、RGのシールドとHGUCのビームガトリングガンのシールド位置を再調整していました。

ProShot_20180127_10214接続パーツですが、ランナーを削ってこんな感じでざっくり作ってます。

ProShot_20180205_221638この状態で、RGユニコーンの腕に接続した際に、ビームトンファーを出せるくらいまで、間をけずっていきました。
もっと読む...

Month List