ASP.NET内部画像生成で、WPFを使ってみる

昨日できるのかな?と書きましたが、何とか形になりましたので^^;

まあ、こんな感じでJPEG画像を作成しています。
上の画像はPSUStatus上のASPXを呼び出し、ASPX内部でWPFのコンポーネントを使用して描画、JpegBitmapEncoderでJPEG化して出力しています。

さすがに、Gridはどうしようもなかったので、画像とFormattedTextの羅列です^^;

ASPX内部で画像生成して、画像を返すなどは、@ITなどでサンプルが出ているのでここでは割愛、以下コードサンプルが少々あって、長くなるので、折りたたんでいます^^;

もっと読む...

ASP.NET内部で画像を生成・・・System.Drawingじゃなくて、WPFはつかえるのかな?

PSU Statusにて、Silverlightを直接呼べない(つまり、iframeなどのタグを許可していない)ブログなどに対応するために、朝から5時間ほど、ASP.NET上、System.Drawingを使って、ブログパーツに似たようなJPEG画像を出力するように作っていました。

でもまあ、GDI+の実装違いでいろいろあるもんですねぇ。
ぶりちゃんはWindows 7 Pro上で開発してるのですが、こちらで実行すると、テキストはアンチエイリアスがかかった・・・たぶんClearTypeだとは思いますが・・・表示で、見れるのですが・・・Windows Server 2003上ですと、もうPixel丸見え状態でして^^;
・・・まあ、XPアーキテクチャですし・・・古いと言われればそれまで><

もっと読む...

やはり、プログラミングは面白い・・・

最近は、ASP.NET 3.5で管理サイト、Silverlight 3でブログパーツという構成で、開発をしています。

まあ、もう一つのゲーム系ぶろぐを見てくれている方なら、すでにお分かりですが・・・
ネットゲー Phantasy Star Universe(PSU)のキャラクターを、ブログパーツで表示するものです。
表示例は、おもにPSUぶろぐにて、管理ツールはこちら

PSUはアップデートを重ねて、キャラクターのステータスが複雑になってしまいまして・・・従来はHTMLで手打ちしていたのですが・・・かなぁり面倒になってしまいました^^;
サーバー側に登録して、ブログパーツで表示できるようにと考えていたのが、ようやく実現した感じです。

もっと読む...

T-01AでTitanium CommManagerをいれてみる

xda DeveloperにアップされているTitanium CommManager 0.32を使っています。

T-01A_14_WM65_wktask_HLC_CComm

Todayを、Windows 標準で使っていると、とっても便利ですねぇ。

Titanium CommManagerは、MortScriptがインストールされていないと動作しないので、ご注意を・・・^^;

もっと読む...

.Net Framework 4.0 Beta 2を使ってみる その1

Visual Studio 2010 Beta2の配布が始まってるということで、.Net Framework 4.0 Beta 2はどんなふうになったのかな~と。

Visual Studio 2010 Ultimate Beta 2をDLしてきまして、Windows 7にインストールしてみたところ、最初はVisual Studio 2008がらみでいろいろ問題がでましたが、とりあえず、このままつかうしかないかなと><
Visual C# 2008コンパイラがまったく動作してくれないのはちょっと^^;

もっと読む...

Comment List

Month List