RGガンダムをベースにGMを作る その4 膝回りの再加工

右腕のパーツさえあればと思っていたRGガンダム改造ジム、現在できる部分のリアリスティックシール貼りと、ファレホポリウレタンマットバーニッシュでトップコートを行いました。

ProShot_20191204_170816

ProShot_20191204_170857HG ORIGIN ジム・スナイパーカスタムと並べています。

膝アーマーの部分ですが、これでは初代HGガンダムみたいですよねぇ。
乾燥待ちでその後アップする予定のHGUCジム改と見比べてみて、やはりまだまだ膝アーマーに違和感があるなと感じていました。
こうしたのは、膝のスライド機構を生かす為もあったのですが、資料をいろいろ確認してやはり再加工するかと・・・

まず、膝アーマーと脛アーマーを瞬間接着剤で固定し、切断。

ProShot_20191210_211959その後、ポリパテを盛って、なだらかにつながるように加工を施してみました。直線で分割の方が楽なのですが、やはりちょっとはアクセントを入れたくてコの字に加工しています。

ProShot_20191210_212041このままですと、削ったとは言え、アドヴァンスドジョイントが干渉してしまいます。(これもあって、最初の形にしたのですよねぇ)
ですので、裏側をギリギリまで削り、干渉しにくいように加工しています。

ProShot_20191210_203920できた脛アーマーと、膝アーマーを現物合わせで加工し、取り付けてみました。右脚が再加工後です。
やはり、ジムはこんな感じにならないとダメですよねということで・・・

再加工した脛アーマーを複製。これは他のRG改造ジムにもつかえるので、しっかりと複製したいところですが、これまた裏の部分が細かく、本来ならシリコンゴムで型取りしたほうがいいのですが、今回もおゆまるで。
まずは裏側を細かくちぎったおゆまるを3か所に分けてしっかりと押し込みその下に台座となる部分をくっつけて片方の型を作った後、上から十分な量のおゆまるをかぶせて型としました。

ProShot_20191211_21808ポリパテを使って型を取ってみたところです。
少々調整が必要ですが、だいぶきれいに型取りできました。

ProShot_20191211_30805調整後、左の膝アーマーも現物合わせで切断、調整し、取り付けてみました。
スライド機構を生かしたまま、ジムっぽい脚回りがやっとできた気がします。

その後、塗装、マーキングシール貼りやトップコートが待っていますが、それはそのうちに。

Month List